TOKYO COFFEE FESTIVAL @UNU

CONCEPT

今回のテーマ「ローカル」

Local

良い街には、良いカフェがあるように、コーヒー屋は街を映す鏡といえるかもしれません。

街の人々が集い、趣味を共有し、思い思いの時間を過ごし...
街角のコーヒー屋には、その街の個性が如実に現れています。

西洋の文化を紹介する場だったコーヒー屋は、逆に土地土地の足許にあるものを大切にし、
その良さを教えてくれる存在になりました。

2017年初回の〈spring〉は「ローカル」をキーワードに、
街とコーヒー屋の関わりをもう一度考えてみたいと思います。

1.土地土地の個性を感じる「ローカルな良いもの」

TOKYO COFFEE FESTIVAL には全国・世界各地から出店者が集まります。その土地土地の個性を感じることのできる「ローカルな良いもの」を出店者の皆さんが持ってきてくれます。

※一部店舗が実施

2.青山エリアの近隣コーヒーショップでワークショップ開催

TOKYO COFFEE FESTIVAL が開催される東京・青山には多くのコーヒーショップがあります。一部の近隣コーヒーショップではワークショップも同時開催。青山がコーヒーでにぎわう1日になります。

ミカフェート青山店
コーヒーハンター・川島良彰氏トークイベント+カッピングワークショップ
クチューム青山店
オリジナルブレンドづくりワークショップ

※詳細・お申込は各店舗のホームページなどをご確認下さい

NEWS